スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師個人契約の契約書について

家庭教師個人契約の契約書について

家庭教師の個人契約をする際に必ず準備しておきたいのが「契約書」です。トラブル防止の為に契約書を交わすことを強くお奨めします。

契約書に記載する主な項目としては

・時給
・交通費
・報酬の支払い時期
・授業のキャンセルの場合
・やめる場合のルール

です。

そもそも契約書の表題についてですが、「雇用契約」にするのか「業務委託契約」にするのか「曖昧な形で特に記載しない」のかを先ず決める必要があります。

(1)時給について
金額自体は双方で合意していると思いますので問題ありませんが、「延長授業」の扱いをどうするかを決める必要があります。

保護者側から事前に依頼があった場合のみ、「延長授業」を課金対象とするのが良いと思います。

(2)交通費について
電車の場合は、
・定期券区間を除く実費
・定期が切れた場合は全額実費
自動車の場合は、
一回往復の金額を双方合意のうえで事前に決めるとよいでしょう。

(3)報酬の支払い時期について
基本は「月末後払い」です。前払いを要求する悪質なプロ家庭教師もいるようですのでご注意ください。

(4)キャンセルの場合
キャンセルの場合は後日「振替授業」を行うのが基本です。当日ドタキャンの場合にペナルティを設定する(例:授業料の○%)か否かは双方で話し合うとよいでしょう。

(5)やめる場合のルール
お互いに契約を終了する場合は、
・1ヶ月前通知
もしくは
・前月末まで通知で当月末まで
のいずれかが良いでしょう。


サーチforレディース

テレビ見ようよ
スポンサーサイト

テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

家庭教師個人契約の良し悪し

家庭教師を探す際に多くの方が「家庭教師センターに頼む」か「個人契約で先生を探す」かを迷われることと思います。

その原因の一つと思われるのが家庭教師派遣業界が決してクリーンな業界ではないということです。最近は行政が厳しく監視するようになってきたので減ってきていますが、依然として「高額教材の抱き合わせ販売」をする業者が多いですし、ネットでのステルス行為(やらせランキングや知恵袋へのやらせ書き込みなど)も度を越えています。悪質な業者が多い割にサポート体制などが不透明であり「マージンを払う価値が本当にあるのだろうか」と考え、安価な個人契約に流れているものと思われます。ネットの掲示板などでもそのような書き込みが多くみられますが、一部は悪質な「個人契約斡旋サイト」によるステルス行為ですので全てを鵜呑みにすることもできません。

今回は「家庭教師個人契約の良し悪し」のポイントをまとめてみることにしました。

◆個人契約の良い点
・料金が安い
・先生を自由に選べる
・中途解約金などがかからない
・悪質業者に騙されない

◆個人契約の悪い点
・先生を探す手間がかかる
・一部に悪質な先生がいる(「前払い」の強要など)
・先生を選ぶのが困難
・先生の交代を言いにくい
・フォローやアドバイス、受験情報などの提供がない
・契約書などを自分で作成する必要がある

個人契約を選ぶ方の最大の理由は、やはり料金でしょう。ただし、様々なリスクがあることや、「先生を選ぶ能力」が生徒保護者に求められることを理解する必要があると思われます。

家庭教師の先生ナビでは、無料で個人の先生と直接契約できることに加え、全国の家庭教師派遣会社の比較なども掲載していますので、是非ご利用ください。

家庭教師の先生ナビ



テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

家庭教師個人契約のバイト時給相場について

家庭教師の個人契約における東西間のバイト時給相場のギャップや、生徒募集・教師募集の需給ギャップについて検証します。

家庭教師の先生ナビの掲載申請を見ていて気付いたことが2点あります。

1つ目は、関東と関西では時給の相場がかなり違うという点です。個人契約の場合、自己申請で時給が決められますが、関東では3000円前後が相場となっているのに対して、関西では2000円前後が相場となっています。医学部生・医大生・難関大生の時給相場の開きはさらに大きくなっており、関東の医大生や東大生は4~5千円程度の強気の時給設定をしている人が多いのに対して、関西では医大生や京大生であっても2000円~2500円程度の時給設定にしている人が多く見られます。特に京都市については、人口に対して京大生の占める割合が非常に高いため、完全な買い手市場といえるでしょう。

2つ目は、個人契約における教師募集掲示板と生徒募集掲示板の時給相場の格差です。教師募集掲示板では関東で2000円~2500円程度、関西で1500円円程度が相場となっています。一方、生徒募集掲示板では、前述のとおり、関東では3000円前後が相場、関西では2000円前後が相場となっています。その結果、関東では500円~1000円程度の時給ギャップが、関西では500円程度の時給ギャップが発生しています。

個人契約の掲載者を見ていると、学歴や指導歴に対して時給を低めに設定している人も多数いますので、「お得」な先生を探すのが個人契約の醍醐味ではないでしょうか。

家庭教師の先生ナビ

テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

個人契約のPR文について

家庭教師の先生ナビの「個人契約コーナー」の新規掲載者のPR文を見ていて、いつも感じることが「生徒目線になっていないPRが多い」という点です。

大学受験(高校生)よりも、小中学生の方が家庭教師の利用者は多いです。にも関わらず、多くの方が高校生向けのメッセージや大学受験に関連することしか書いていません。

PR文に「日本史のセンター模試で・・・」というようなことばかり書いてあっても小中学生の保護者の方の心には響かないでしょう。PR文を書くときは、ターゲット層に合わせた文章を書くことをお奨めします。

ちなみに「小中学生」と書きましたが、小学生のニーズの殆どが「中学受験」です。そのほとんどが中学受験向けの塾のフォローの依頼となっています。


家庭教師の先生ナビ


テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。