スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教材販売業者の見分け方

筆者が家庭教師派遣会社のHPを訪れて真っ先に見るのが、「料金表」のページです。「料金表」のページを見るとその業者の「悪質レベル」が分かってきます。

<教材販売の有無に関する記載がない場合>

先生を紹介する際に高額教材を販売する業者が社会問題化しています。家庭教師業界の最もブラックな部分と言ってよいでしょう。家庭教師会社各社は、社会問題化しており、HPの閲覧者が注意していることを知っていますので、教材を売っていない業者の殆どは、「教材は一切売っていません」「教材はお持ちの物や市販品を使います」「塾用教材を安価でお譲りします」のような記載をホームページに載せています。

教材販売の有無に関する記載がない場合は、ほぼ間違いなく高額教材を売っていると考えてよいでしょう。

以前は、「記載あり」「記載なし」を見るだけで、教材販売の有無を見分けることができましたが、最近は「高額教材販売はおこなっていません」とホームページに書いておきながら30万~50万円程度の教材を売りつける業者がいます。それらの業者の言い分は「50万円以下だから高額ではない」「教材販売はしているが高額教材販売はしていない」というものです。もちろん、これらの表記は違法です。

それでは、どのように見分ければ良いのでしょうか?一番分かりやすいのが料金の時間単価を見るという方法です。1時間あたり1500円~2000円であれば、(教師の時給相場と同じでマージンがありませんので)ほぼ間違いなく教材を売っています。適性な料金の時間単価は2500円以上です。2500円を下回っている場合は十分に注意して下さい。

最近は、月々のマージンや入会時費用もとりながら、受験前に受験対策テキスト(5~10万円程度)を売りつける新しい悪徳商法も出てきています。ご注意ください。

尚、先生ナビは長いサイト運用の中で集まった大量の口コミを元に掲載会社を選別していますので、教材販売業者は掲載していません。安心してご利用ください。

家庭教師の先生ナビ

スポンサーサイト

個人情報流出事件と家庭教師の高額教材屋のテレアポ

先日、通信教育大手のベネッセ・コーポレーションから大量の個人情報が流出する事件がありました。既に複数の名簿業者の手に渡っているようです。個人情報保護法という法律がありますが、個人情報のリストを売買する事自体への規制がない為、今後、今回のリストが様々な悪質な業者の手に渡っていくことが予測されます。

「こどものリスト」を手に入れて喜びそうな悪質業者として先ず思い浮かぶのが、高額教材屋と家庭教師業者です。この2つがセットになった超悪質業者もいます。

「家庭教師+高額教材屋」の手口としては、「●●大学の■■です。家庭教師を仲間でやっているサークルの者ですが・・・」というような勧誘電話をかけてきます。その実態は複数年分の教材30万~100万円程度を売りつける悪徳業者です。

参考:家庭教師なのに教材を売りつけられて・・・

ここ数年は、小・中学生がいるご家庭の電話番号や住所のリストが手に入りにくくなっていたようで、この手の詐欺まがいの勧誘電話は減っていたそうですが、今回の個人情報の大量流出事件により、再び増えてくることが予想されます。ご注意ください。



家庭教師派遣会社の消費税改定状況

4月1日より消費税が8%となりました。家庭教師派遣会社各社について、入会金や授業料の動向をHPで調査しましたところ、

1)そもそも料金を開示していない
2)3%分だけ上がっている
3)料金改定があった(便乗値上げ?)
4)表記が変わってない

など様々でした。家庭教師業界は、料金を開示しない・一部しか開示しない業者が多い業界です。「開示してしまうと(高いので)他社に負ける」というのが開示しない理由のようですが、消費者の立場からすると、どんなに高くても開示してくれる方が安心感につながると思います。

来年さらに10%になる消費税ですが、移行期間については「税別表示」も認められています。今回の消費税改定のタイミングで、表示を税込から税別に変更した家庭教師会社さんも多数ありました。

「カリキュラム費」「選抜費」など各社様々な名目の料金項目があるので、料金比較が非常に難しい業界だと思っておりましたが、今回の消費税UPで更に比較が困難になってしまった印象です。

家庭教師の先生ナビ
http://www.ne.jp/asahi/sensei/navi/

家庭教師の料金に関する注意点(交通費)

家庭教師の先生ナビをはじめ家庭教師の個人契約サイトは沢山ありますが、そのようなサイトで個人契約する場合や、家庭教師センターと呼ばれている斡旋・仲介業者に依頼する場合の共通の注意点が「交通費」です。

家庭教師センターを通す場合であっても、交通費については先生に「直接手渡し」となる場合が多いです。個人契約の場合は、授業料とあわせて交通費も「直接手渡し」もしくは振込となるでしょう。

家庭教師センターを通す場合は「お月謝」、個人契約の場合は「時給」に注意が集中されますが、「交通費」についても注意が必要です。

大学生や社会人(会社員)の家庭教師の先生の場合は、「通勤・通学定期券区間外」の交通費を支払うのが一般的となっています。一方、プロ家庭教師の場合は定期券を所有していない場合が多いので、大学生や社会人(会社員)の講師の方に比べて交通費分だけ支払いが増えることが多くなります。

特に注意すべきは大学生の「通学定期」の「期間」です。6ヶ月定期などを随時更新している場合は問題ありませんが、夏休みや春休みに定期切れをおこしてしまう場合は、余分な交通費の支払いが発生してしまいます。大学生は7月~9月の間の約2か月間、2月~3月の約2か月間の長期休みがあります。その期間に定期券を購入しない大学生は多いのではないでしょうか。

そのような場合に交通費がとても高くなるケースとしてあげられるのが(1)生徒宅が大学近辺で先生宅が遠い場合(2)先生が新しい鉄道沿線に住んでいる場合の2点です。

1については、普段は大学の近所ですので定期区間となり交通費が殆どかからない場合が多いですが、定期がきれると交通費がとても高くなるケースがあります。例えば、慶應の日吉キャンパスの学生で千葉に在住している先生に日吉キャンパス近くの人が依頼する場合です。

2については、北総線などがあげられます。北総線のような比較的新しい鉄道の料金は、他鉄道に比べてとても高くなっています。

先生を探す場合は、授業料だけでなく交通費についても考慮することが重要です。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。