スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師のトライが公取委から再発防止の勧告を受けました

ヤフーニュースやグーグルニュースなどでも大きく取り上げられていましたので、ご覧になられた方も多いと思いますが、「家庭教師のトライ」や「個別教室のトライ」を運営するトライグループが公正取引委員会から平成26年12月19日に再発防止の勧告を受けたようです。

■公正取引委員会(平成26年12月19日)株式会社トライグループに対する勧告について
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h26/dec/141219_2.html


■報道された内容

時事通信や朝日新聞などで報道された内容は以下となります。

・消費税転嫁対策特別措置法違反(買いたたき)であるとして公正取引委員会が再発防止を勧告した。

・家庭教師のトライは講師と間で業務委託契約を結び、消費税込の金額として委託報酬単価を定めていた。

・委託報酬単価×指導時間を毎月の委託料として講師に支払っていた。

・消費税率が平成26年4月1日に3%引き上げられたので、本来は「委託報酬単価」「委託料」を3%引き上げる必要があった。

・家庭教師約7500人の4月分の委託報酬に消費税増税分3%を上乗せせず、約700万円を支払っていなかった。

・約30カ所の個別指導教室の家賃についても、貸主に増税分約110万円を支払っていなかった。

・同社は据え置いた計約800万円を既に支払った。

・トライグループは、「雇用と業務委託という契約形態の相違に関する誤解」「教室の賃料については賃借人と個別に協議して合意している」として法律に抵触することは全くないと考えていたが、公正取引委員会の指摘を踏まえ、消費税率引き上げ分を全て支払った。

・信用調査会社調べでは、同社の2014年3月期の売上高は約222億円。(家庭教師部門と個別指導塾部門の内訳は不明)


■公取委の勧告についての感想

家庭教師のトライに限らず殆どの家庭教師センターは講師との間で「業務委託契約」を交わしています。「雇用契約」の場合は講師に支払う金額は「給与」となり、非課税取引となります。

一方、「業務委託契約」の場合は講師に支払う金額は「外注費」となり、課税取引となります。消費税率が上がったタイミングで「外注費」の「報酬単価(=時給)」を税率上昇分上げる必要があります。

公取委は、下請けに消費税増税分を支払わない「下請けいじめ」を厳しく監視しています。今回の勧告もその一環だと思われます。しかし、今回の件については、「下請けいじめ」のような故意性はなく単純なミス(もしくは忘れ)ではないかと思われます。

今回の件はトライに限った問題ではないと思います。消費税増税分を委託費に加算していない業者は多数あるのではないでしょうか。全国には数百の家庭教師派遣業者がありますが、今回の報道を聞いて、税理士に慌てて相談している経営者も多いのではないかと思われます。
スポンサーサイト

ニーズが少ない外国大卒の先生

以下は某家庭教師センターの人事担当の方からお聞きした話です。

「外国の大学を卒業後に家庭教師のバイトに応募する人が年々増えている」
「出身中学や出身高校が上位校である場合を除いては、外国大学の卒業者は家庭教師として採用しにくい」

英語圏に留学経験がある人の多くは、留学で培った英語力をいかそうと「家庭教師のバイト」に応募するケースが多いようですが、採用担当者としては採用しにくいということらしいです。

その理由をお聞きすると

「依頼科目が<英語のみ>というご家庭は少数派である」
「日本の大学を出ていない場合、(英語以外の科目について)どの程度の学力があるのかが分からないから」

という回答でした。又、

「国内の大学を卒業後に留学した場合は、WEB応募の卒業大学の欄には国内の大学名を記載して、備考欄に海外の大学名を記載した方が採用されやすい」
「中学受験指導のニーズは非常に高いので、中学受験経験者は必ず出身中学名を書いた方が良い」

というアドバイスも頂きました。留学経験者の方で家庭教師のバイトを始められる方は参考にして下さい。

家庭教師のバイトの探し方

家庭教師のバイトを探す方法は、ここ数年でネットにシフトしてきています。数年前までは、家庭教師センターに履歴書持参で登録して、生徒を紹介してもらうのが唯一の家庭教師バイトの探し方でしたが、最近は個人契約サイトの利用者が増えています。

とはいえ、個人契約サイト大手全ての求人数・利用者数(先生を探している人)を足しても、家庭教師最大手一社分にも満たない状況ですので、あと数年間は、家庭教師センターに登録してバイトを探すのがスタンダードである状況に変わりはないものと思われます。

家庭教師のアルバイト探しをする際の注意点としては、高額教材販売会社などの悪質な家庭教師センターにうっかり登録してしまわないことです。

家庭教師の先生ナビでは、全国の家庭教師センターの求人と一括登録のサービスを提供しています。高額教材系などの悪質なセンターの掲載は全て断っていますので、家庭教師のバイトに関心がある方は是非ご利用ください。

家庭教師の先生ナビ
http://www.ne.jp/asahi/sensei/navi/

テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

高時給だけど避けたい家庭教師関連のバイト「学習アドバイザー」

求人誌や求人サイトを見ていると、たまに目にするのが「家庭教師の学習アドバイザー」の求人です。普通、「学習アドバイザー」というと「学習のアドバイス」をする「予備校のチューター制度」のようなものを思い浮かべますが、実際はそうではありません。

家庭教師会社でよくある「学習アドバイザー」とは、「体験授業」を申し込んだ見込み客の家で簡単な模擬授業をして、保護者に入会案内の説明を契約をとってくるというものです。

ご注意いただきたいのは、異様に時給が高い「学習アドバイザー」の求人や、応募資格に「フリーターOK」など学歴を問わない求人です。中には多額の成功報酬を用意しているところもあります。

このような条件があまく・良すぎるバイトの中身は、大抵の場合、高額な教材を売りつけるお仕事です。家庭教師を探しているご家庭が体験授業を申し込んできたら、数十万の教材を売りつけるセールスをするバイトです。

このようなバイトはできる限り避けた方がよいでしょう。そもそもこのような業者は「中1生に3年分の教材を買わせる」など違法(特商法の過量販売に該当)行為を頻繁に行っています。

行政や司法が動いても、そのような悪質な会社は「バイトが勝手にやりました」と切り捨てられるだけです。

「家庭教師の学習アドバイザー」の仕事をする時は、その会社が「教材を売りつけるタイプの家庭教師センター」か否かを事前に確認しましょう。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。