スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニーズが少ない外国大卒の先生

以下は某家庭教師センターの人事担当の方からお聞きした話です。

「外国の大学を卒業後に家庭教師のバイトに応募する人が年々増えている」
「出身中学や出身高校が上位校である場合を除いては、外国大学の卒業者は家庭教師として採用しにくい」

英語圏に留学経験がある人の多くは、留学で培った英語力をいかそうと「家庭教師のバイト」に応募するケースが多いようですが、採用担当者としては採用しにくいということらしいです。

その理由をお聞きすると

「依頼科目が<英語のみ>というご家庭は少数派である」
「日本の大学を出ていない場合、(英語以外の科目について)どの程度の学力があるのかが分からないから」

という回答でした。又、

「国内の大学を卒業後に留学した場合は、WEB応募の卒業大学の欄には国内の大学名を記載して、備考欄に海外の大学名を記載した方が採用されやすい」
「中学受験指導のニーズは非常に高いので、中学受験経験者は必ず出身中学名を書いた方が良い」

というアドバイスも頂きました。留学経験者の方で家庭教師のバイトを始められる方は参考にして下さい。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。