スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教材販売業者の見分け方

筆者が家庭教師派遣会社のHPを訪れて真っ先に見るのが、「料金表」のページです。「料金表」のページを見るとその業者の「悪質レベル」が分かってきます。

<教材販売の有無に関する記載がない場合>

先生を紹介する際に高額教材を販売する業者が社会問題化しています。家庭教師業界の最もブラックな部分と言ってよいでしょう。家庭教師会社各社は、社会問題化しており、HPの閲覧者が注意していることを知っていますので、教材を売っていない業者の殆どは、「教材は一切売っていません」「教材はお持ちの物や市販品を使います」「塾用教材を安価でお譲りします」のような記載をホームページに載せています。

教材販売の有無に関する記載がない場合は、ほぼ間違いなく高額教材を売っていると考えてよいでしょう。

以前は、「記載あり」「記載なし」を見るだけで、教材販売の有無を見分けることができましたが、最近は「高額教材販売はおこなっていません」とホームページに書いておきながら30万~50万円程度の教材を売りつける業者がいます。それらの業者の言い分は「50万円以下だから高額ではない」「教材販売はしているが高額教材販売はしていない」というものです。もちろん、これらの表記は違法です。

それでは、どのように見分ければ良いのでしょうか?一番分かりやすいのが料金の時間単価を見るという方法です。1時間あたり1500円~2000円であれば、(教師の時給相場と同じでマージンがありませんので)ほぼ間違いなく教材を売っています。適性な料金の時間単価は2500円以上です。2500円を下回っている場合は十分に注意して下さい。

最近は、月々のマージンや入会時費用もとりながら、受験前に受験対策テキスト(5~10万円程度)を売りつける新しい悪徳商法も出てきています。ご注意ください。

尚、先生ナビは長いサイト運用の中で集まった大量の口コミを元に掲載会社を選別していますので、教材販売業者は掲載していません。安心してご利用ください。

家庭教師の先生ナビ

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。