スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人情報流出事件と家庭教師の高額教材屋のテレアポ

先日、通信教育大手のベネッセ・コーポレーションから大量の個人情報が流出する事件がありました。既に複数の名簿業者の手に渡っているようです。個人情報保護法という法律がありますが、個人情報のリストを売買する事自体への規制がない為、今後、今回のリストが様々な悪質な業者の手に渡っていくことが予測されます。

「こどものリスト」を手に入れて喜びそうな悪質業者として先ず思い浮かぶのが、高額教材屋と家庭教師業者です。この2つがセットになった超悪質業者もいます。

「家庭教師+高額教材屋」の手口としては、「●●大学の■■です。家庭教師を仲間でやっているサークルの者ですが・・・」というような勧誘電話をかけてきます。その実態は複数年分の教材30万~100万円程度を売りつける悪徳業者です。

参考:家庭教師なのに教材を売りつけられて・・・

ここ数年は、小・中学生がいるご家庭の電話番号や住所のリストが手に入りにくくなっていたようで、この手の詐欺まがいの勧誘電話は減っていたそうですが、今回の個人情報の大量流出事件により、再び増えてくることが予想されます。ご注意ください。



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。