スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師個人契約のバイト時給相場について

家庭教師の個人契約における東西間のバイト時給相場のギャップや、生徒募集・教師募集の需給ギャップについて検証します。

家庭教師の先生ナビの掲載申請を見ていて気付いたことが2点あります。

1つ目は、関東と関西では時給の相場がかなり違うという点です。個人契約の場合、自己申請で時給が決められますが、関東では3000円前後が相場となっているのに対して、関西では2000円前後が相場となっています。医学部生・医大生・難関大生の時給相場の開きはさらに大きくなっており、関東の医大生や東大生は4~5千円程度の強気の時給設定をしている人が多いのに対して、関西では医大生や京大生であっても2000円~2500円程度の時給設定にしている人が多く見られます。特に京都市については、人口に対して京大生の占める割合が非常に高いため、完全な買い手市場といえるでしょう。

2つ目は、個人契約における教師募集掲示板と生徒募集掲示板の時給相場の格差です。教師募集掲示板では関東で2000円~2500円程度、関西で1500円円程度が相場となっています。一方、生徒募集掲示板では、前述のとおり、関東では3000円前後が相場、関西では2000円前後が相場となっています。その結果、関東では500円~1000円程度の時給ギャップが、関西では500円程度の時給ギャップが発生しています。

個人契約の掲載者を見ていると、学歴や指導歴に対して時給を低めに設定している人も多数いますので、「お得」な先生を探すのが個人契約の醍醐味ではないでしょうか。

家庭教師の先生ナビ

テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。