スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師個人契約の良し悪し

家庭教師を探す際に多くの方が「家庭教師センターに頼む」か「個人契約で先生を探す」かを迷われることと思います。

その原因の一つと思われるのが家庭教師派遣業界が決してクリーンな業界ではないということです。最近は行政が厳しく監視するようになってきたので減ってきていますが、依然として「高額教材の抱き合わせ販売」をする業者が多いですし、ネットでのステルス行為(やらせランキングや知恵袋へのやらせ書き込みなど)も度を越えています。悪質な業者が多い割にサポート体制などが不透明であり「マージンを払う価値が本当にあるのだろうか」と考え、安価な個人契約に流れているものと思われます。ネットの掲示板などでもそのような書き込みが多くみられますが、一部は悪質な「個人契約斡旋サイト」によるステルス行為ですので全てを鵜呑みにすることもできません。

今回は「家庭教師個人契約の良し悪し」のポイントをまとめてみることにしました。

◆個人契約の良い点
・料金が安い
・先生を自由に選べる
・中途解約金などがかからない
・悪質業者に騙されない

◆個人契約の悪い点
・先生を探す手間がかかる
・一部に悪質な先生がいる(「前払い」の強要など)
・先生を選ぶのが困難
・先生の交代を言いにくい
・フォローやアドバイス、受験情報などの提供がない
・契約書などを自分で作成する必要がある

個人契約を選ぶ方の最大の理由は、やはり料金でしょう。ただし、様々なリスクがあることや、「先生を選ぶ能力」が生徒保護者に求められることを理解する必要があると思われます。

家庭教師の先生ナビでは、無料で個人の先生と直接契約できることに加え、全国の家庭教師派遣会社の比較なども掲載していますので、是非ご利用ください。

家庭教師の先生ナビ



テーマ:家庭教師 - ジャンル:学校・教育

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
本日の訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。